でたらめスカイリム TOP  >  SkyrimRP日記  >  プレイ記:どばきん編 >  【プレイ記】どばきん編 第2話

【プレイ記】どばきん編 第2話

プレイ記どばきん編第2話です。
ヘルゲンから脱出し、いよいよスカイリムの世界へと飛び出したマイキャラクター。
彼女を待ち受ける運命とは?

☆注意☆
・ネタバレを含む可能性大です。
・RP風味という特性上、多少の創作が混じりますが、ゲーム内容から大幅に逸脱はしません。




===

テスラ 「これからどうしよう」

レイロフ 「行くあてがなければ来い。無理にとは言わんが」

テスラ 「どこよ」

レイロフ 「リバーウッドだ。そこで妹が働いてる」

テスラ 「……じゃあ、迷惑ついでにもう少しお世話に」

レイロフ 「ああ、こっちだ」

 :
 :
 :

レイロフ 「ところでお前、ストームクロークに入るつもりはないか?」

テスラ 「ストームクローク?」

レイロフ 「俺たちはノルドの栄誉のため、帝国に戦いを挑んでいる。帝国がいかに腐っているかはお前も分かっただろう」

テスラ 「あんな目にあわされればね」

レイロフ 「お前にその気があるなら、ウインドヘルムに来い。いつでも歓迎するぞ」

テスラ 「んー……考えておくよ」

レイロフ 「期待しているぞ、お前は戦士の素質があるからな」

テスラ 「ちょっと剣と魔法が使えるぐらいでそんな……あ、村が見えてきた」

レイロフ 「あそこがリバーウッドだ。やはり故郷はいいものだな」

テスラ 「へー、静かなところだね」

レイロフ 「この時間から製材所にいるだろう」

テスラ 「製材所……」キョロキョロ

レイロフ 「ジャルデュル!」

blog_tesla_011.jpg

ジャルデュル 「!? レイロフ!? よかった、無事だったのね……」

レイロフ 「どうにかってところだな」

テスラ(おー、似てるような似てないような)

ジャルデュル 「そちらは?」

レイロフ 「友達だ、ここに来るまで随分助けられた」

テスラ 「いやいやいやいや」

ジャルデュル 「お世話になったみたいね。ここなら帝国の手も届かないわ、好きなだけ休んでいって」

テスラ 「えぇ、まあ……ではお言葉に甘えて。使っていい場所とかあるかな?」

blog_tesla_012.jpg

テスラ 「鍵!? 見ず知らずの小娘に家の鍵!?」

ジャルデュル 「それにしても帝国から逃げ出せるなんて。どうやって?」

テスラ 「ドラゴンが……ヘルゲンを襲って。そのどさくさで逃げてきたんだよね」

ジャルデュル 「ドラゴンが?」

テスラ 「ホントだって! レイロフさんだって見てたよね!?」

レイロフ 「」ウンウン

blog_tesla_013.jpg

テスラ 「ホワイトランってどっち?」

ジャルデュル 「街道を北東だけど……今日は休みなさい。疲れてるみたいだし」

テスラ 「」グーー

ジャルデュル 「その前に食事ね」


~翌日~


テスラ 「んー」ノビー

blog_tesla_015.jpg

テスラ 「朝! ホワイトランに行く前に準備をしたいな。昨日、薪割りでちょっとお金もらえたし」

テスラ (必要なものはまず薬……あと装備もどうにかしたいけど)

テスラ (帝国軍の鎧だとなんか誤解されちゃいそうでヤなんだよな)

テスラ (でも鎧なんて買えるのかな。こっちの物価がいまいち分からん)

テスラ 「たしか雑貨屋さんがあるって……あ、ここかな?」


 ガチャ


テスラ 「お邪魔しまーす……」

??? 「いったいどうするつもり!?」

テスラ 「」ビクッ

??? 「どうしようもないだろう」

テスラ (夫婦喧嘩?)

blog_tesla_014.jpg

ルーカン 「あぁ、客か。聞かせてしまって悪かった」

テスラ 「なんかあったの?」

ルーカン 「ちょっと窃盗があったんだ。大丈夫、売り物はまだあるぞ」

テスラ 「窃盗?」

ルーカン 「装飾品だ。純金のな。ドラゴンの爪の形をしている」

テスラ 「ふーん」

テスラ (手を貸せるなら貸してあげたいけど、今はホワイトランに行くのが先だしね……)

 :
 :
 :

テスラ 「よっし。じゃホワイトランに行くとしますか!」


ホワイトランはスカイリム地方ホワイトラン地域の首府にあたる。
スカイリムのほぼ中央に位置しており、山岳地帯の多いスカイリムでは珍しく周囲は平原に囲われている。
その地理特性から交通の要所となっているため、街の規模や賑わいは大きい。

「あっ……もしかして、あれかな?」

リバーウッドから歩くこと数キロ。
小高い丘から見下ろす形で、テスラはホワイトランを発見した。
首長の住まいだろうか、一際目立つ巨大な宮殿の足元を覆うように街並が広がり、
さらにその周囲を城壁でぐるりと囲んでいる。その様は街というよりは巨大な砦のようだった。

blog_tesla_016.jpg

交通の要所であるホワイトランは、同様に戦略的重要拠点でもある。
帝国とストームクロークの内戦状態にあるスカイリムにおいてその価値は高い。
何かのきっかけで戦場にもなりかねない要衝であるのだが、
首長、バルグリーフの手腕により街は比較的平穏な状態にあるようだ。


テスラ 「……なんだろ、この匂い」スンスン

テスラ 「あ、ハミチツ酒の醸造所だ。……そういえばあっちこっちで見かけるけど、スカイリム名物なのかな」

テスラ 「どうでもいいか、お酒好きじゃないし。さっさと行こ」

 :
 :
 :

衛兵 「スタァァァップ!」

テスラ 「うるさーーーい!」

blog_tesla_017.jpg

テスラ 「え……で、でも、リバーウッドが危なくて。首長に話すように頼まれてきたのに」

衛兵 「リバーウッドも危ないのか? なら入ってもらった方がいいな。首長は丘の上、ドラゴンズリーチにおられる」

テスラ (助かった)

衛兵 「何か言ったか?」

テスラ 「いえ、なんでも。お勤めご苦労様でーす」トテテ

――To be continue!


※プチ用語集(主観込み
・薪割り
 →薪を割って売る。序盤のお小遣い稼ぎ。
  店で売るより特定NPCに売ったほうがお得。
・リバーウッド
 →スカイリム地方ホワイトラン地域にある川沿いの村。
  再序盤に訪れる村であり、この後もたびたび訪問することになる。
・ホワイトラン
 →文中にもある通り、ホワイトラン地域の主要都市。
  作中登場する街の中では平和な部類に入る。
・ハチミツ酒
 →ハチミツと水と酵母を主原料としたお酒。
  甘い、とにかく甘い、すっごい甘い。
  現実世界にもあるが、あんまりそこいらでは売ってない。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL