でたらめスカイリム TOP  >  スポンサー広告 >  SkyrimRP日記  >  プレイ記:どばきん編 >  【プレイ記】どばきん編 第6話

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【プレイ記】どばきん編 第6話

ここのところ 1.9 アップデートの対応に追われてて、
まともにプレイできていませんでしたが、大分落ち着いた感じでしょうか。
アップデートが必要なMODはアップデートしたし、
なんかおかしかった場所も対処したし。

にしても、mfg コマンドの件は正直痛い。
長らく愛用してたのに……。


○前回のどばきん!
 金の爪とドラゴン・ストーン、二つの品を手に入れブリーク・フォール墓地を脱出した主人公。
 それぞれの品をそれぞれの依頼主へお届けするため、早朝から行動を開始することとした。


☆注意☆
・ネタバレを含む可能性大です。
・RP風味という特性上、多少の創作が混じりますが、ゲーム内容から大幅に逸脱はしません。




===

テスラがブリーク・フォール墓地の探索を追える頃には、時刻はすでに深夜になっていた。
今ホワイトランに戻っても関係者は寝静まっているだろう。それに加え疲労と空腹と睡魔に
やられかけていたテスラはリバーウッドで一泊、ホワイトランには翌朝戻ることとし、
月明かりの下をおぼつかない足取りで歩を進めていった。

blog_tesla_043.jpg

明朝、リバーウッド・トレーダーの主人に金の爪を届け、その足でホライトランに
戻ったテスラはまっすぐにドラゴンズリーチに向かう。

「石版と呼べそうなものはこれしかなかったけど、あってるかな?」

ファレンガーの注文の品である石版を届けるためだ。
いまいち価値が分からないが、少なくとも彼にとっては大事なものなのだろう。
ならばうっかり破損などする前に渡してしまうに限る。

blog_tesla_044.jpg

ファレンガー 「おお、これだ! 間違いない! でかしたぞ!」ワッホホーイ

テスラ 「そっか、よかったよかった」

ファンレガー 「お前の持ち込んだ情報が正しかったということだな! この友のお陰で無事入手できたぞ!」

フードの女 「そう」

テスラ (誰だ?……いや、どっかで見たような……?)

テスラ 「ところでさ、報酬とかないの? 結構大変だったんだよ?」

ファレンガー 「それは首長と相談してくれ。しかるべき報酬は支払って貰えるさ」


<ファレンガー!


テスラ 「イリレスさん?」

イリレス 「すぐに来て、ドラゴンが目撃されたわ。貴女も来てもらったほうがいいわね」

ファレンガー 「ドラゴンだと!? どこだ! どこで何をしている!? メシ食ってる場合じゃねぇ!」ダダダダ

テスラ 「……あの人ってドラゴンマニア?」

イリレス 「ただの変人よ」

フードの女 「」スタスタ

テスラ (あ、帰っちゃった……結局誰だったんだろ)

 :
 :
 :

バルグリーフ 「来たか。よし、話を聞かせてくれ。お前はドラゴンを見たんだな?」

blog_tesla_045.jpg

テスラ (ドラゴン……ヘルゲンを壊滅させた、あんなのがこの街に来たら……)ブルッ

イリレス 「……」

バルグリーフ 「友よ。すまないが、今一度力を貸してくれないか」

テスラ 「でも、私なんかが出張っても……」

イリレス 「貴女は一度ドラゴンを見ている。見てる見てないの差は大きいものよ」

テスラ 「……分かりました」コクン

バルグリーフ 「ドラゴンストーンを取り戻してくれた恩は忘れていない」

blog_tesla_046.jpg

テスラ (あっ、購入する権利か。土地そのものじゃなくて)

イリレス 「では準備を」

ファレンガー 「俺もドラゴン見たい! 一緒にいくぞ!」

バルグリーフ 「お前には街を守るという仕事がある。ここに残ってくれ」

ファレンガー 「仰せのままに」

テスラ 「イリレスさん、どこへ?」

blog_tesla_047.jpg

テスラ 「分かった。そこで待ち合わせだね」


~同日 ホワイトラン正門~


テスラ 「西の監視塔。あそこに見えるのがそうか」

テスラ (なんだか大変なことになってきた)

 :
 :
 :

イリレス 「来たわね」

テスラ 「遅れちゃったね」

イリレス 「いえ、大丈夫。どこにドラゴンが潜んでるか分からないけど、何があったか調べないと」

テスラ 「生きてる人は?」

イリレス 「それもよ。散開して、生存者を探しなさい!」

衛兵ズ 「「「はっ」」」


~ホワイトラン近郊 西の監視塔~


テスラ 「派手にやられちゃってるなー……」

テスラ (……ヘルゲンのときと同じ)


<ダメだ!戻れ!まだ近くにいる!


テスラ 「お、生きてる人がいる!? 待ってて、今……あっ」

blog_tesla_048.jpg

テスラ 「あれは……!!」

イリレス 「全員構えて! ありったけの矢を打ち込みなさい!」

衛兵 「ドラゴンめ!」

テスラ 「弓には自信がないのに……」スチャ

イリレス 「降りてきて戦いなさい! この臆病者!」キリキリキリ ヒュンッ


<ズズン


衛兵 「地面に降りたぞ!」

テスラ 「! 今なら……ちょっと怖いけど!」シャキンッ

blog_tesla_049.jpg

ドラゴンが着地したのを見たテスラは、弓を放り投げ剣を抜き、接近戦へと持ち込む。
だが地面に降りてなお、ドラゴンはその強さを示し続けた。
紅蓮のブレスで周囲をなぎ払い、それを掻い潜って近づいてきた者を巨大な翼で振り払う。
それでもテスラやイリレスは攻撃の手を休めることはなかった。
ここで逃せば、次はどこで暴れるのか見当もつかない。
後を追いかけることなど到底不可能である以上、今決着を付ける必要がある。

やがてドラゴンの動きが徐々に鈍り始める。その隙をテスラは見逃さなかった。

「そこだぁーーー!!」

小柄な体から振り下ろされる乾坤一擲の一撃はドラゴンの脇腹へと直撃する。
勝負は決した。

blog_tesla_050.jpg


「!?」

おそらく自分に向けられたであろうドラゴンの一言。
テスラはその意味を飲み込めないまま、ゆっくりと崩れ落ちるドラゴンを見据えていた。


テスラ 「倒した……?」

イリレス 「さあ、このでかいトカゲをちゃんと仕留めたのか、調べるわよ」

blog_tesla_051.jpg

テスラ 「え? な、なに!?」

衛兵ズ 「「「おい、あれってまさか」」」

テスラ (何、今の……?)ポカーン

衛兵 「信じられない! お前はドラゴンボーンだ!」

テスラ 「はい?」

衛兵 「ドラゴンを倒す力を持った者のことだ。今、やつの魂を吸収したんだろう?」

テスラ 「いや、分かんない……何がなんだか」

衛兵 「ためしに叫んでみろ。それで分かるはずだ」

衛兵 「イリレス、やけに静かだな。お前はどう思う」

イリレス 「分からない話をするよりは、後ろで黙ってたほうがいいわ」フン

テスラ 「叫べって言われても……あ、もしかして……」


テスラは、ブリーク・フォール墓地での出来事を思い出していた。
再奥の遺跡で襲いかかってきたプチ強いドラウグルも、テスラとの交戦中に「声」を武器としていた。
衛兵たちのいう「シャウト」とやらはそれと同じようなものなのではないか。
ならば、あの時ドラウグルが発した言葉を自分も叫んでみれば――

(あの時、ヤツが叫んでた言葉は……)

今の今まで忘れていたが、あの時ひとつ気付いていたことがある。
あの地下遺跡に響いたドラウグルの「声」。
同じ場で見つけた「知らないのに読めた」壁の謎文字。
その二つが同じだったということに。

自分があの言葉を発すれば、あの時のドラウグルがそうしたように、声が力を持つのだろうか。


テスラ 「」スゥー

衛兵 「おっおっ」wktk

テスラ 「ファス」

blog_tesla_052.jpg

衛兵ズ 「「「うおぉぉ!?」」」

テスラ 「……できた」ポカーン

イリレス 「……ともかく、貴女はすぐホワイトランに戻りなさい。首長もここでのことを聞きたがるでしょう」

テスラ 「あ、うん」

イリレス 「私たちは少し周辺を調べていくわ。ほら、さっさとする!」

衛兵ズ 「「「はっ!」」」

テスラ 「……」トテトテ

blog_tesla_053.jpg

テスラ 「ドラゴンボーンって……私は、一体……?」

――To be continue!


※プチ用語集(主観込み)
・ドラゴン
 →今回戦ったドラゴンは「ミルムルニル」という名前。
  Mir(忠誠)/Mul(力強い)/Nir(狩り)の意味を持つ。
  戦闘中のセリフから、勇敢な者にはそれなりに敬意を払っているのが窺える。
・シャウト
 →ドラゴンが持つ能力で、声を力に変える魔法。「スゥーム」や「声秘術」とも呼ばれる。
  人間でも厳しい修行を積めば習得可能だが、「ドラゴンボーン」は修行なしに扱える。
  実はドラゴンが吐くブレスの正体もコレ。ドラゴンのブレスは壮大な口喧嘩とも言える。
・ファス
 →Fus。ドラゴンの言語で「力」を意味する。

スポンサーサイト
web拍手 by FC2
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。