でたらめスカイリム TOP  >  スポンサー広告 >  SkyrimRP日記  >  プレイ記:お気楽二人旅 >  【プレイ記】お気楽二人旅4「レッドベリーの蜘蛛掃除」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【プレイ記】お気楽二人旅4「レッドベリーの蜘蛛掃除」

こうも暑いとまいっちゃいますね。みなさんも体調にはお気をつけください。
さて、今回はお気楽二人旅の続きとなります!
書いてるこっちもお気楽なので、記事作りのリハビリにちょうどいいです。└('ω')┘


☆注意☆
・ネタバレを含む可能性大です。
・二人が旅をするのは、内戦やドラゴン問題が片付いた少しだけ未来の時間軸です。
蜘蛛注意



==

blog_pascal_014.jpg

パスカル 「それが代わりの得物か」

シドニア 「応急品だがな。軽くて持っている気もしない」

パスカル 「どんだけ馬鹿力なんだよ……」


シドニアさんはとりあえずバニラの鋼鉄両手剣を持ってもらいました。バニラ両手剣は納刀時もむきだしですが、Greatsword sheaths and scabbardsを導入しているので両手剣もちゃんと鞘に納めています。


パスカル 「こんなときに熊にでも出くわしたら目も当てられねぇな」

シドニア 「熊程度ならこの剣でもどうにかなるだろう」

パスカル 「油断はするなよ。ついてねぇ日は団体さんに出会うこともあるからな」

blog_pascal_015.jpg

シドニア 「む、砦か? また山賊どもを片付けなければならないようだな」

パスカル 「なんだ、腕が鳴るか? 水を差すようだが、その心配はない」

blog_pascal_016.jpg

パスカル 「あそこは今は帝国軍が占領して使ってる。黙って通り抜けるだけなら問題ねぇよ」

シドニア 「ならいい。おもちゃしか持っていないときにトラブルにあいたくはないからな」


内戦を終えていますので、各地の砦には帝国軍が駐屯しています。ちょいと休憩したり鍛冶場を借りたり、熊に追っかけられてるときに逃げ込んだりとかできるので、地味に便利です。ちなみに二人が最初に出会ったのはこの砦の地下にある洞窟です。


パスカル 「この砦を抜けたらもうすぐだ」

シドニア 「存外近いのだな」

blog_pascal_017.jpg

そんなこんなでショール・ストーンに到着。前回のお話でパスカルも触れていた通り、宿もないド田舎ですがそこそこの規模の鉱山があります。……が、どうもその鉱山も機能していないようです。

blog_pascal_018.jpg

フィリンジャール 「今は鉱山では何も採れない」

パスカル 「あぁ!? おいおい、こちとら遠路はるばる」

シドニア 「喧嘩腰になってどうする。なあ、何があったか聞かせてもらえないか」

フィリンジャール 「クモだらけなんだよ! 俺もクログマーももう少しで死ぬところだったんだ」

パスカル 「はーん、クモねぇ……そこらに兵隊がいるじゃねぇか。見てるだけか?」

フィリンジャール 「あんな奴ら、まったくの役立たずだよ。"上に報告する"なんてお決まりのセリフを吐くだけだ」

パスカル 「相変わらず使えねぇ」ガシガシ

シドニア 「さて、困ったことになったな」

フィリンジャール 「こうしよう。なんとかしてくれたら、かき集められるだけのお金をお前のポケットにいれてやる」

パスカル 「その話、乗った」

シドニア (はやっ)


ショール・ストーンのおそらく生活の源、レッドベリー鉱山はクモが闊歩してるご様子。これでは鍛冶屋さんも困るし、鉱石を求めて訪問した二人も困るということで、鍛冶屋フィリンジャールさんのご依頼を快く受けることにしたのでした。

blog_pascal_019.jpg

シドニア 「どうやらあそこだな」

パスカル 「あの兵士、本当に突っ立ってるだけかよ……給料泥棒が」

シドニア 「そう言うな。連中の怠慢のおかげで、おもわぬ臨時収入にありつけそうなのだ」

パスカル 「……さっさと済ますか」

 :
 :
 :

パスカル 「こりゃひでぇな、クモの巣だらけじゃねぇか。あたしの実家よりひどいぞ」

シドニア 「ほう、お前が生まれたのは洞窟だと思っていた」

パスカル 「殴られたいのか……ん、来るぞ」

blog_pascal_020.jpg

シドニア 「どうやら歓迎されていないようだ」

パスカル 「残念だ、平和的に解決できりゃよかったんだが」

blog_pascal_021.jpg

パスカル 「なあ、クモをこんがり焼いたらうまいと思うか!?」

シドニア 「焼き上がったら味見してやろう! その代わり、私手製のクモの活造りを食ってもらうぞ!」

blog_pascal_022.jpg

ここで出てくるクモはそこらにいるクモと同レベルで、加えてそんなわんさかといるわけでもありません。二人いれば特に苦戦することもなく片付きます。ましてやシドニアさんみたいに強力なフォロワーがいるなら、見てるだけで済んでしまうかと。


パスカル 「これで全部みたいだな」

シドニア 「他愛もない」

blog_pascal_023.jpg

パスカル 「ま、これで一件落着ってな……さて、本来の目的を果たさんと」

シドニア 「鉱石だったな。ここでは何が掘れるんだ?」

パスカル 「たしかここは鉄鉱石……ん?」

blog_pascal_024.jpg

シドニア 「これは黒檀ではないのか?」

パスカル 「鉄鉱石が黒檀に化けるなんてことあんのか?」

シドニア 「わからんが……こちらにとって好都合だ。頂いていこう」

パスカル 「よし、もう一働きだな。ツルハシはあるよな?」

シドニア 「入り口にあったのを拝借してきている。さっそく始めよう」

上のSSにもちらっと写ってますが、レッドベリー鉱山の入り口には「これで掘れ」と言わんばかりにつるはし2本が置いてあります。盗み扱いにもなりませんので、レッドベリーにお越しの際はこいつで鉱石を掘り掘りするといいでしょう。

――次回、シドにゃんおニューの武器ゲット!?
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
焼きグモの場面は回避で安心でした( ;´Д`)
次回もするりと楽しみにしてますー
[ 2015/06/03 22:23 ] [ 編集 ]
袋小路様>
いらっしゃいませ(゚∀゚)
シドニアさんのおかげで戦闘がスピーディに終わったこともあり、
クモの雄姿をあまり残すことができませんでした。
この反省を、次の戦闘シーンで活かしたいと思います!
[ 2015/06/07 22:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。