でたらめスカイリム TOP  >  スポンサー広告 >  SkyrimRP日記  >  プレイ記:お気楽二人旅 >  【プレイ記】お気楽二人旅8「ロストナイフの死闘」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【プレイ記】お気楽二人旅8「ロストナイフの死闘」

blog_pascal_058.jpg

今日はひっさしぶりに二人旅をお送りします。
前回何してたっけ?と読み返してしまうぐらいには久しぶりですね(;-∀-)
徐々にではありますが「ポーズMOD画像集更新のお知らせ」以外の記事も増やしていきたいですね。

☆注意☆
・ネタバレを含む可能性大です。
・二人が旅をするのは、内戦やドラゴン問題が片付いた少しだけ未来の時間軸です。


===
シドニア 「用も済んだだろう。リフテンにはまだ戻らないのか?」

パスカル 「いや、ちょっとな。面白そうなヤツがいるらしいんだよ」

シルグジャさんからの手紙を無事ヴェルネルさんへと届け、今度はそのヴェルネルさんから手紙を託された二人。
その時にヴェルネルさんに話しかけると、奥さんであるアネックさんの話が聞けます。
結婚を機に冒険からは引退したそうですが、今でもその冒険心がうずいているとか。
ちょっと話を聞いてみることにしましょう。

blog_pascal_059a.jpg

パスカル (おい待て。これがあんな大きい娘のいる女の顔か?)ヒソヒソ

シドニア (確かに若いが……気持ちが若いから見た目も若さを保ってるんじゃないか?)ヒソヒソ

パスカル (見習いたいもんだねえ……)

ヴェルネルさんの奥さんってことは、シルグジャさんのお母さんって訳で。とてもそうは見えないぐらい若々しい上に美人です。
さて、まだ若い頃の冒険心は失っていないどころか健在らしく、つい最近も山賊の野営地の偵察に行っていたとか。
ここで狩りはどうだと持ちかけられました。勿論、狩りの対象は獣ではなく山賊です。

パスカル 「面白え。乗った」

シドニア 「まあ、メッセンジャーよりは楽しめそうだ」

アネック 「山賊のアジトはロストナイフ洞窟よ。終わったら戻ってらっしゃい。いくつか技を教えてあげる」

パスカル 「さて……ロストナイフ洞窟か」

blog_pascal_060.jpg

シドニア 「なんだ、目と鼻の先ではないか」

パスカル 「日が暮れる前に済ませられるといいんだがな」

山賊のねぐらはダークウォータークロッシングから程近いロストナイフ洞窟。
山賊クエストの他、場合によっては同胞団クエストで訪れることもある場所ですね。
洞窟系ダンジョンとしては中々に広大で、大きく分けて二つのエリアに分かれています。

到着して早速、見張りと思しき山賊を発見。

blog_pascal_061.jpg

パスカル 「二人……か」

シドニア 「よし、始めよう」

パスカル 「いつもの感じでいくぞ。遅れるなよ」

このツーマンセルではもっぱら、パスカルが魔法でスナイプして敵を釣り上げた後、
二人で袋叩きにするという戦法をとっています。これなら大勢に囲まれないので安定するんですよね。

blog_pascal_062.jpg

パスカル 「しけてやがるな。現金と薬ぐらいはもらっていってやるか」

しばらく進むとロストナイフ名物、巨大な洞窟湖に出ます。
ここにも山賊が配置されているので、乱戦でうっかり落下しないように注意が必要です。
うっかり落下するとこうなります。

blog_pascal_063.jpg

パスカル 「おい、水浴びしてるやつがいるぞ」

シドニア 「……放っておこう。あそこからでは戻ってこれまい」

パスカル 「とんだマヌケもいたもんだ。さて…・・・まだ奥に続いてそうだな」

シドニア 「何が飛び出してくるか分からない。用心しろよ」

パスカル 「特に気配はないな。ここの連中はなぜか二人一組で行動してるからすぐ分かる」

blog_pascal_064.jpg

ロストナイフ洞窟、道中は二人一組の山賊がちらほら配置されているぐらいで特に苦戦する要素はありません。
ここからまもなく罠が張ったあったのですがバレバレで面白くなかったので割愛。もっと上手く仕掛けなさいよ。
倒した山賊から金目のものを頂きつつ、奥へ奥へ進んでいきます。どっちが賊なんだか。

blog_pascal_065.jpg

山賊 「降参するなら今のうちよ!?」

パスカル 「いい盾もってんじゃねえか! だが相手が悪かったなぁ!?」ドスッ

山賊 「ぐっ!?」

パスカルの愛剣、ショーテルはその独特な形状から「盾を回避して攻撃できる」という特性があり、
その特性がゲーム中でもエンチャントという形で反映されています。

そんなこんなで特に危なげもなく「ロストナイフ洞窟の隠れ家」へと突入。
ここは前半部が「ロストナイフ洞窟」、後半部が「ロストナイフ洞窟の隠れ家」と別エリアになっています。

blog_pascal_067.jpg

シドニア 「二人……ではないか。何人かいるな」

パスカル 「ちと様子を見るか」

ここでの山賊の会話に耳を傾けていると、彼らのボスについての評判を聞くことができます。
なんでも酒癖が悪いらしく、酔っては部下同士に殴り合いや殺し合いをさせているとのこと。
当然人望もなく、「あいつの居るところにサーベルキャットを放せ」とまで言われています。

パスカル 「上司が無能だと、下っ端は苦労すんだよな」ウンウン

シドニア 「トップがその有様では、ここの団としての実力もしれているな」

パスカル 「ここまで来れば本丸までもう少しだろ、気合いれていくか」

シドニア 「ああ」

 :
 :
 :

パスカル 「さすがに人数が増えてきやがったか」

シドニア 「囲まれたら厄介だ。やたらと突っ込むなよ」

パスカル 「どっちかてえと、鉄砲玉はお前さんのほうじゃねえか」

blog_pascal_068.jpg

パスカル 「ひでえ匂いだな……なんだここは」

シドニア 「獣か何かを閉じ込めておきたかったようだが」

パスカル 「動物園でも開くつもりだったのかねぇ」

最奥は開けた空間になっていて、いくつもの檻と血痕だらけの部屋になっています。
ここの山賊団が何をしていたのかは分かりませんが、ここは同胞団の敵対組織である
シルバーハントの拠点になることもあるので、彼らのために用意されているのかもしれません。

パスカル 「おい、どうやらあいつが頭か」

シドニア 「ようやく出会えたか」

山賊 「くそっ……勝利かソブンガルデかだ!」

パスカル 「だったらソブンガルデまで吹っ飛ばしてやるよ!」

ここで山賊のボスと数人の取り巻きと戦闘になったのですが、いかんせん障害物も多い空間だったため、
一人ずつ確実に仕留めることができ、特に苦戦することもなく終了。なんか妙にタフなのがいましたが。

blog_pascal_069.jpg

パスカル 「いっちょあがり、と」

シドニア 「山賊団は一人残らず殲滅できたな」

パスカル 「いや、一人仕留め損ねてる」

シドニア 「あぁ……さっきのあいつか」

パスカル 「いいよな? ほっといても。助けてやる義理もねえし」

ということで、アネックさんへ報告するためダークウォータークロッシングへ戻ります。
ここでなんだかよく分かりませんが、オークに襲われました。
無言でいきなり襲い掛かってきたので、ランダムイベントの老オークや強盗ではなさそうです。

blog_pascal_070.jpg

パスカル 「ありゃなんだったんだ……お前さん、知り合いか?」

シドニア 「オークに知り合いはいない」

パスカル 「妙にいいもん装備しやがって……荷物にも手がかりはねえしなぁ」ゴソゴソ

シドニア 「考えても仕方ないだろう」

そんなこんなでダークウォータークロッシングへ帰還。
アネックさんへ報告すると気に入ってくれたのか、フォロワーとして誘えるようになります。
余談ですが、娘のシルグジャさんと結婚するとアネックさんはお義母さんになります。

blog_pascal_071.jpg

やはり若い頃の冒険スピリットはまだまだ衰えていないようです。
気が向いたら一緒の冒険してみるのもいいかもしれませんね。

パスカル 「じゃ、またなんかあったら頼むわ」

アネック 「空に気をつけてね」

シドニア 「さて、次はどうするんだ?」

パスカル 「……もうお天道さんも沈みかけか、今晩はここで過ごさせてもらったほうがよさそうだな」

アネックさんに報告したところで夕方5時を過ぎたところでした。
ダークウォータークロッシング→リフテン間は道が非常に険しく、夜の行軍は危なさそうなので、
今日はここで朝まで過ごさせてもらうことになりそうです。

シドニア 「野宿か、たまにはいいだろう」

パスカル 「あ、せっかくだ。もう一回、湯を頂いていくか」

シドニア 「うむ、いい提案だな」


――次回、今度こそリフテン帰還!?
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
お久しぶりの二人旅!
前回はシドニアさんの『暴力的な大きさのアレ』をパスカルさんが堪能する…じゃなくて、お届け物のついでに温泉でゆっくりと疲れを癒すお話でしたね。
今回は年を取らない説が囁かれるアネックさんのご依頼で、山賊退治ですね!

パスカルさんのショーテルにはガード崩しの効果が?
現実のショーテルを思わせる、良い武器ですね!(・∀・。)b+
二人の活躍で、山賊団はあっさり全滅!
これで近隣の村々が襲われる心配はなくなりました。お疲れさまです!d(>ω<*)+

それにしても、あの『水浴び山賊』は何があったのかw
きっと泳ぎながら『ほう、英雄気取りのお出ましか!(頼むから助けて!)』と言っていたことでしょう。
水の中にスローターフィッシュがいなくて良かったね。ニヤ(・∀・)ニヤ


一仕事終えた二人は、もう一度温泉だそうで。
読者としては、シドニアさんの暴力的なアレを正面から拝みたい。
そして殴られたい。
[ 2016/05/09 17:20 ] [ 編集 ]
シン様>
お返事遅れて失礼致しました( ;∀;)
そうそう、前回はお風呂オチで終わらせたんでした。
アネックさんの若々しさは今回のクエストで一番驚いた点でしたねw

ショーテルに宿るのはガード崩し効果ではなくて、盾を構えた相手にも
割合ダメージを与える効果です。あの独特な形状で、盾を回避して攻撃できるみたいです。
周囲の村に安全が……訪れたのでしょうか?(・ω・)スカイリムの山賊って
言うことは物騒ですが、割と世捨て人みたいにひっそり暮らしてる連中が多くて。

水浴び山賊はきっと足でも滑らせたのでしょう。
ヴァルトヘイムタワーとかでも横移動してそのまま落下するマヌケは
結構いますし……どちらにせよ助けるつもりもありませんが(・∀・)

一仕事終えた後の温泉はきっと最高でしょうなぁ。
私も山奥の温泉にでも行って、シドにゃんみたいな人に出会いたいです。
[ 2016/05/14 23:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。